レコード サンプリング レア盤 スウィート サザン ディープ インディー ファンク ノーザン 動画 ビデオ サンプル 中古 モダンソウル records dance funk dj 名盤 試聴 ヤフーオークション Lyrics 歌詞 listen hiphop rap ラップ R&B 洋楽 販売 甘茶ソウル 無料 LP シングル

PROFILE
KUROGiLL
  • Author:KUROGiLL
  • KUROGiLL、クロギル、黒義流
  • RSS1.0


  • 南紀熊野ご当地Tシャツ
    楽天市場で販売中


    CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • ヤフーオークションに出品しました。(05/07)
  • NARUTAL EXPERIENCE(03/03)
  • ETHICS(03/02)
  • OVATIONS(03/01)
  • CHUCK JACKSON(02/28)


  • RECENT COMMENTS
  • クロギル(12/27)
  • ad'(12/27)
  • KUROGiLL(04/14)
  • ad'(04/14)
  • KUROGiLL(03/01)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 美メロsoulとあれやこれ まてんゆ~:Blayz(10/28)
  • The Show Must Go On:Lew kirton is back !(09/27)


  • ARCHIVES
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (23)
  • 2011年01月 (183)
  • 2010年12月 (257)
  • 2010年11月 (47)
  • 2010年10月 (51)
  • 2010年09月 (30)
  • 2010年07月 (89)
  • 2010年06月 (108)
  • 2010年05月 (106)
  • 2010年04月 (66)
  • 2010年03月 (85)
  • 2010年02月 (70)
  • 2010年01月 (81)
  • 2009年12月 (70)
  • 2009年11月 (77)
  • 2009年10月 (29)
  • 2009年09月 (21)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (10)
  • 2009年06月 (43)
  • 2009年05月 (28)
  • 2009年04月 (40)
  • 2009年03月 (69)
  • 2009年02月 (53)
  • 2009年01月 (39)
  • 2008年12月 (42)
  • 2008年11月 (21)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (20)
  • 2008年07月 (33)
  • 2008年06月 (32)
  • 2008年05月 (63)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年02月 (9)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年06月 (3)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (2)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (5)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (31)
  • 2005年07月 (22)


  • CATEGORY
  • コンピ (51)
  • グループ45s (13)
  • グループインディソウル (15)
  • グループ (239)
  • ソロ (17)
  • その他 (59)
  • モータウン (2)
  • フィりーソウル (2)
  • デトロイト (3)
  • ディープ、サザンソウル (7)
  • A (47)
  • B (124)
  • C (122)
  • D (78)
  • E (78)
  • F (88)
  • G (55)
  • H (46)
  • I (39)
  • J (142)
  • K (30)
  • L (76)
  • M (105)
  • N (40)
  • O (35)
  • P (69)
  • Q (5)
  • R (91)
  • S (122)
  • T (84)
  • U (9)
  • V (23)
  • W (70)
  • X (2)
  • Y (1)
  • Z (6)
  • 0-9 (7)
  • U.S.B.D "Black Disk Guide" (1)
  • U.S.B.D. [THE PiONEERS] (1)
  • U.S.B.D [The 60’s Northern and Funky Soul] (1)
  • U.S.B.D. [The 70’s Vocal Groups ] (1)
  • U.S.B.D. [The 70's The Birth Of Funk] (1)
  • U.S.B.D. [The 80’s The Era Of Funk] (1)
  • U.S.B.D. [究極のLPコレクション<<グループ編>>] (1)
  • コンピレーション・アルバム リスト (1)


  • LINKS
  • kurogill podcast
  • Hot Soul News 1000%黒汁ブログです。
  • ソウルの殿堂(ジェケで遊ぼう必見!)
  • Soul Source
  • ソウルフルデトロイト(レコードに恐ろしい値段がー。)
  • DISCO 45 7インチシングル 発掘の旅
  • golden_age_of_soul
  • play list
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    Steve Mancha


    The Sound of Detroit

    [ F r o m A より ]

    デトロイトのソウル・ミュージックの重要人物である、ドン・デイヴィスというプロデューサーが、1960年代後半に手掛けたJ.J.バーンズ、スティーヴ・マンチャ、ダレル・バンクスというシンガー3人の作品を、まとめて1枚のCDに収録した作品である。

    そもそもは、ドン・デイヴィスはデトロイトにて多くの実績を挙げていたプロデューサーだが、スタックスが経営上の大きな問題を抱え、その危機を解決する必要に迫られていた1968年ごろにスタックスに迎えられ、ジョニー・テイラーの“Who's Making Love?”のヒットによって、スタックスでもその手腕を示す。そして、彼はかつてデトロイトにて世話をしていたシンガーを、スタックス/ヴォルトのもとでプロデュースする。

    スタックス/ヴォルトという南部/メンフィスのレーベルから発売された作品であるが、展開されているのは、まごうことなきバキバキのデトロイト・ソウルである。サザン・ソウルのような泥臭いブルージーさではなく、明らかにそこかしこ都会的な洗練が感じられるのだが、お上品な感じには決して向かわず、適度な粗さを残した生き生きとしたサウンドである。本当にソウルが好きなら、決して買って損はない。

    後に100・プルーフ・エイジド・イン・ソウルというグループの一員となるスティーヴ・マンチャがこの中では人気の高い存在だろうが、3人ともそれぞれの持ち味を充分に発揮しており、各人の実力と共に、ドン・デイヴィスの手腕の確かさもよくわかる作品である。

    The Sound of Detroit

    [ F r o m A より ]

    デトロイトのソウル・ミュージックの重要人物である、ドン・デイヴィスというプロデューサーが、1960年代後半に手掛けたJ.J.バーンズ、スティーヴ・マンチャ、ダレル・バンクスというシンガー3人の作品を、まとめて1枚のCDに収録した作品である。

    そもそもは、ドン・デイヴィスはデトロイトにて多くの実績を挙げていたプロデューサーだが、スタックスが経営上の大きな問題を抱え、その危機を解決する必要に迫られていた1968年ごろにスタックスに迎えられ、ジョニー・テイラーの“Who's Making Love?”のヒットによって、スタックスでもその手腕を示す。そして、彼はかつてデトロイトにて世話をしていたシンガーを、スタックス/ヴォルトのもとでプロデュースする。

    スタックス/ヴォルトという南部/メンフィスのレーベルから発売された作品であるが、展開されているのは、まごうことなきバキバキのデトロイト・ソウルである。サザン・ソウルのような泥臭いブルージーさではなく、明らかにそこかしこ都会的な洗練が感じられるのだが、お上品な感じには決して向かわず、適度な粗さを残した生き生きとしたサウンドである。本当にソウルが好きなら、決して買って損はない。

    後に100・プルーフ・エイジド・イン・ソウルというグループの一員となるスティーヴ・マンチャがこの中では人気の高い存在だろうが、3人ともそれぞれの持ち味を充分に発揮しており、各人の実力と共に、ドン・デイヴィスの手腕の確かさもよくわかる作品である。

    Detroit Soulman: The Best of Steve Mancha


    スポンサーサイト
    【2008/05/11 11:26】 デトロイト | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    21st GENERATIONS
    21STGENERATION.jpg
    21st GENERATIONS / I NEED LOVE - HEY JAMES

    1970年,CHOKER CAMPBELL PRODUCEのA面はアップテンポでB面はミッドテンポ。B面は素晴らしいハーモニーでホーンも効果的に入れられご機嫌な曲でした。
    【2005/08/27 21:51】 デトロイト | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    The Precisions
    Presisions は色々な地域から違ったグループが存在する。
    いわゆるノーザンソウルシーンでよく取り上げられるグループの以下のシングルレコードを私はコレクトしている。5年前はまだ手に入れ易いものだったが。

    THE PRECISIONS

    1, YOU'RE SWEET (D-TOWN 1055) 1965
    2, WHAY GIRL/WHAT I WANT (DREW 1002) 1967
    3, IF THIS IS LOVE/YOU'LL SOON BE GONE (DREW 1003) 1967
    4, DREAM GIRL/INSTANT HEARTBREAK (DREW 1004) 1968
    5, A PLACE/NEVER LET HER GO (DREW 1005) 1968
    6, INTO MY LIFE/DON'T DOUBLE(WITH TROUBLE) (ATCO 45-6643)

    1は M.HANKS がアレンジ、プロジュースしたYOU'RE SWEET がミッドテンポな曲でグッド。
    3、は MIKE TERRYの音作りが最高のダンスミュージック。コーラス、ストリングスそしてバリトン声が素晴らしい。
    DREWの曲は MIKE TERRY が曲作りしているので外れがない。

    [www.soulfulkindamucis.net/precisions.htm より]

    The Precisions (Unknown Origin)

    Strand 25038 - You Can't Play Games / Dream On ? 1961
    Highland 300 - Eight Reasons (Why I Love You) / Mama Told Me ? 1962
    Rayna 1001 - White Christmas / Brenda - ?

    The Precisions (New York Group)

    Golden Crest 571 - Cleopatra / Someone To Watch Over Me ? 1962

    The Precisions (Boston Group)

    Wild 903 - The Love (I Found In You) / Boston - ? (With Herchel Dwellingham & Orchestra)
    Wild 903 - The Love (I Found In You) / What Would You Do - ? (With Herchel Dwellingham & Orchestra)

    The Precisions (Unknown Origin)

    Debra 1001 - Sweet Dreams / Stop Leading Me On - 1963

    The Precisions (Detroit Origin) (members Arthur Ashford (died 6-November-2003, cause cancer), Michael Morgan, Billy Prince and Denis Gilmore (one-time member of The Nonchalants)

    D-Town 1033 - My Lover Come Back / I Wanna Tell My Baby - 1965
    D-Town 1055 - Mexican Love Song / You're Sweet ? 1965
    Drew 1001 - Such Misery / A Lovers Plea - 1967
    Drew 1002 - Sugar Ain't Sweet / What I Want ? 1967 (Withdrawn because of a pressing fault, possibly less than a dozen copies survived)
    Drew 1002 - Why Girl / What I Want ? 1967
    Drew 1003 - If This Is Love (I'd Rather Be Lonely)* / You'll Soon Be Gone - 1967 *tambourine player Lou Ragland.
    Drew 1004 - Instant Heartbreak (Just Add Tears) / Dream Girl ? 1968
    Drew 1005 - A Place / Never Let Her Go ? 1968
    Atco 6643 - Into My Life / Don't Double With Trouble ? 1969
    Atco 6669 - New York City / You're The Best (That Ever Did It) ? 1969

    The Precisions (Philadelphia Group)

    Hen Mar 4501 - Take A Good Look / My Sense Of Direction - 1972

    Non US Releases

    The Precisions

    Stone 717 - If This Is Love (I'd Rather Be Lonely)* / You'll Soon Be Gone ? 1967 (Canadian)
    PRECISIONS-ATCO.jpg PRECISIONS-ATCO2.jpg PRECISIONS-DTOWN.jpg PRECISIONS-DTOWN2.jpg PRECISIONS-DREW1002-1.jpg

    【2005/07/21 09:47】 デトロイト | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    -->


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。